向井秀徳「大娯楽傑作!」と宮藤官九郎最新作を絶賛!

 


宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介出演で大ヒット公開中の「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」。

【写真を見る】宮藤監督は極上の音響設備に大感激!


このたび、本作の“極上音響上映”を実施している東京・立川のシネマシティにて、宮藤監督と物語の中で重要な役割を担う曲「天国」をはじめ、劇中で歌われるさまざまな楽曲の作曲を手掛けた、ZAZEN BOYS・向井秀徳がトークショーを行った。

本作は、宮藤監督にとって映画「中学生円山」('13年)に続く長編映画監督作第4作。修学旅行中に不慮の事故にあって地獄に落ちたフツーの高校生・大助(神木)は、そこで地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼・キラーK(長瀬)と出会う。大助は思いを寄せる同級生・ひろ美(森川葵)と再会すべく、転生するためにキラーKの“鬼特訓”に挑む。

一般客と共に映画を鑑賞した、宮藤監督と向井。宮藤監督は極上の音響設備に「いい音響でいい状況。ダビング作業していた時に近い音でバランスがはっきりしていていい。ダビングルームにいるみたいだった」と太鼓判を押し、向井も「ステレオシステムが良くて、フレームアウトした後の声がちゃんと、フレームの外からの声のように聴こえた。ライブシーンはライブ感があって、立ち上がりたくなりました」と“極上音”を堪能したよう。

さらに、宮藤監督は「オランダのロッテルダムと香港の映画祭でも本作を鑑賞したけれど、立川のお客さんの反応とロッテルダムのお客さんの反応が近い。ロッテルダム=立川です。ギャグに対する反応も同じように良くて、立川はオランダ率が高いですね」と意外な共通点を発見。

観客から、ROLLYとマーティ・フリードマン起用の理由を聞かれると「しゃれが分かるギタリストだったから」と明かし「マーティには役柄について『最後はハンバーグになりますよ』と説明したら『やったー!』と言われた。どうやらハンバーグになりたかったみたいです」と言い、笑わせた。

一方の向井は「宮藤官九郎ワールドの全てが凝縮されたロックムービー。ずっと語り継がれていく大娯楽傑作になった」と本作を絶賛し、劇中歌「天国」を弾き語りで披露。

宮藤監督は「さっきまで一緒に映画を見ていたとは思えない」と聴きほれつつ「この映画にはまだまだ発見がある。例えば、片桐仁さんが震える手に向かって“落ち着け、手!”と言うとか…。劇場に何度も足を運んでいただき、そういった細かい部分まで見てほしい」と、熱く観客にアピールした。

 

 

メディア等世間は「離婚すべき」の大合唱....高島礼子、高知東生逮捕で「決断」するのか?



 元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)が2016年6月24日に覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたことを受けて、妻で女優の高島礼子さん(51)の動向に注目が集まっている。

 7月から放送が始まる高島さんの主演ドラマ放送が「お蔵入り」になる可能性が浮上しているほか、メディアからは早くも「離婚すべき」といった声も相次いでいる。

■西川史子「今すぐにでも離婚すべき」

 高知容疑者は24日朝、横浜市内のホテルの一室で覚醒剤と大麻を所持した疑いで、一緒にいた知人のクラブホステスとともに厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。ホテルの室内からは大麻を吸うために利用したと思われるガラス瓶やストローなどが押収され、高知容疑者の自宅からもストローが見つかったという。高知容疑者は、高島さんの父の介護などを理由に15年に芸能界を引退していた。

 高島さんは同日中に所属事務所を通じて「報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です」などとするコメントを出した。

 高知容疑者の逮捕で、高島さんにはどのような影響が出るのか。まず注目されたのは、7月から始まる高島さん主演のドラマ「女たちの最前線」(テレビ朝日系)だ。高島さんはこのドラマで警察官役を務めることになっている。高知容疑者の逮捕と高島さんは直接の関係はないとは言え、「あまりにも間が悪い」としてドラマにも影響を与える可能性が指摘されている。早くもテレビ局関係者の声として「放送中止も視野に入れた検討を始めました」などと報じるスポーツ紙もあり、先行きは不透明だ。

スポーツ紙の見出しには「離婚のすすめ」「離婚待ったなし」
 2つ目の焦点が「離婚問題」。サンケイスポーツは6月26日、高島さんが「複数の関係者から離婚を促されている」などと、「離婚のすすめ」の見出しつきで報じ、東京スポーツも6月25日発行の紙面で「離婚待ったなし」の見出しを掲げた。6月26日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系)でも、女医でタレントの西川史子さん(45)は、

  「介護をかくれみのにしたっていうことが許せない」
  「しかもラブホテルでホステスと覚せい剤なんて」

などと高知容疑者への怒りをぶちまけ、

  「今すぐにでも高島さんと離婚したほうがいいと思います」

と切り捨てた。


高島さんがコメント「報道でこのことを知り」は本当か
 また、高島さんがコメントで「報道でこのことを知り」としていることにも疑問が出ている。

 タレントのテリー伊藤さん(66)は前出の「サンデー・ジャポン」で

  「家の中でやってたら、ふつう奥さんとか不審に思うんじゃないかと。よっぽどうまくやってたのかもしれないけどね」

と、いぶかり、和田アキコさん(66)も同日午後放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で

  「これ、夫婦でもわかんないかなぁ」

と首をかしげていた。番組では、妻が夫の覚醒剤使用を知りながら黙っていただけでは罪に問われることはないが、注射器などの証拠を隠したりした場合は2年以下の懲役または20万円以下の罰金が課せられる、という菊地幸夫弁護士の見解を紹介していた。


映画『嫌な女』吉田羊、黒木瞳監督の珍演出に困惑「“ドレドド”でお願い」



女優・黒木瞳が初監督に挑戦した映画『嫌な女』の初日舞台挨拶が6月25日に丸の内ピカデリーで開催され、黒木監督をはじめ吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井が登壇。初日の観客を前にした黒木監督が「ほんっとうにありがとうございます!感無量です」と瞳を潤ませた。

【写真を見る】黒木瞳監督、大胆なミニスカートで美脚を披露!真っ白なワンピース姿が美しい

原作は、桂望実のベストセラー小説。堅物弁護士と天才詐欺師という境遇も立場も違う対照的な二人の女性の人生のケミストリーを鮮やかに描く。黒木監督は「何度も諦めようと思った。くじけそうにもなった。告白しますと、撮影に入ってから『帰ろうかな』と思ったことも一回あります」とこれまでの道のりを笑顔で述懐。

「でもわたしの背中を押してくれたのは、スタッフの支え、キラキラした演技を見せてくれるみなさんのオーラ、映画を観たお客様がきっと笑顔になってくださるだろうと信じたこと。それが私を奮い立たせてくれた」と充実の思いを語った。

木村は「瞳さんの初監督作品に出させていただいて本当に光栄」と喜びを語りつつも、“監督”黒木瞳については「大変、厳しかったです」と告白。「今まで他の監督には指摘されたことのない、演技指導を受けた。大変勉強になりました」と感謝しきりだった。

また吉田は「女優が女優を撮るとなると、演出にも瞳さんのお芝居の要素が入ってくる」と演出を受けた感想を吐露。「瞳さんは音にこだわる」そうで、「ナレーション収録のときに、今の音は“ミレミミ”じゃなくて、“ドレドド”でお願いと言われて。わかるような、わからないような感じだった」と音符での演技指導があったとのこと。「それは宝塚での培われた実績があるからこそ。ご自身がそうやって音にこだわってセリフを発しているんだなと感じた」と話していた。

音符での演出についてはラサールも中村も「わからない」と口をそろえ、ミュージカル俳優でもある古川までもが「ミュージカルをやっていますが、わからない」と苦笑い。「音符読めないんです」と意外な一面を明かして、会場を笑わせていた。【取材・文/成田おり枝】


スポンサードリンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク