《高島礼子》 留置所の高知東生から届いた署名入りの離婚届を受領・・・はたして正式に届け出るのだろうか?




 夏の京都。盆地特有のうだるような蒸し暑さの中で、高島礼子(52才)は主演ドラマの撮影に臨んでいた。妻はこの30日間、悩み、迷い、苦しみ続けた。「事態もはっきりしていないのに、“結論”なんて出せない」──そう周囲に明かしていた。

 そんな彼女の元に、7月半ば、封筒に入った1通の書類が届いた。そこには、東京・湾岸警察署の留置場にいる夫・高知東生容疑者(51才)の署名があった。

 高知容疑者が覚醒剤などを所持したとして逮捕されたのは6月24日。逮捕現場はラブホテルで、高知は不倫相手の女性・五十川敦子容疑者(33才)と一緒だった。

 夫の逮捕を受けて、高島は京都で会見を開いた。「妻としての責任がある」と謝罪した毅然とした姿勢は多く人の共感を呼んだ。この場で高島は離婚について問われたが、「私を支えてくださる大勢のかたがいるから、そういう(離婚という)決断をしなければならないことも…」と言いつつも明言を避けた。

「夫に完全に裏切られたわけで、当然、周囲からは離婚を強く勧められていた。今後、裁判などがあるたびに何度でも夫の事件が話題になり、そのつど女優としての高島さんのイメージにも影響が及びますから。それでもなお、彼女は離婚について逡巡していました」(高島の古くからの知人)

 この会見で、夫との関係を「同志のような、親友のような」と話した高島。彼女の胸中を前出の知人はこう忖度する。

「結婚した時はそんな“ドライ”な感じじゃなかったんです。もっとアツアツなカップルで、彼女はすぐ彼にヤキモチを焼いた。彼が飲みに行くときには、“他の女性はいないよね”と心配してついてきたこともありました。でも、いろんなことがあって、夫への気持ちも、夫婦の関係も徐々に変わっていったんです」

 ひとつの要因は、広がるばかりの「仕事の格差」。高島は『極妻』で女優としての確固たる地位を確立し、その後も数々の映画やドラマで主役を務めた。かたや高知は多少の仕事はあるものの、せいぜい脇役どまり。

「彼女が夫について話す時は、直接言葉にはしなくても“自分の仕事はうまくいっているのに、彼は…”という思いが伝わってきました。どこか夫に対して後ろめたいような気持ちがあったのでしょう。だからこそ彼の活躍や成功を何とかして支えなければ、という気持ちも彼女のモチベーションだったと思います」(前出・知人)

 そして起きてしまった決定的な事件。高島はすぐに離婚に踏み切れなかった。

「“彼も今がいちばん大変なはず。私から離婚を言い出すのはかわいそうで…”そう言いながら、彼女の方も別れたくなさそうに見えました。離婚しないで済む方法を考えていたようです」(ふたりをよく知る芸能関係者)

 そんななかで届いた、冒頭の1通の手紙。留置場にいる高知から弁護士を通じて出されたもので、封書の中に収められていたのは「離婚届」だった。すでに夫が署名、捺印し、妻の欄だけが空欄になっていた。

「逮捕されてしばらくして、高知さんが離婚の決意をしたそうです。高島さんが離婚を申し入れても高知さんは離婚を拒むだろうと考えていたので、彼の方からというのは驚きでした。弁護士に“これ以上、妻には迷惑をかけられません”と言っていたそうです」(前出・芸能関係者)

 この離婚届を受け入れたという高島。7月中には京都でのドラマ撮影はクランクアップし、彼女は東京に帰ってくる。その後離婚の手続きを進める。

※女性セブン2016年8月11日号






ポケモンGOの心理学・・・ゲームで救われる人、地獄に落ちる人・・・様々な想い。

 

魅力的なポケモンGO。だからこそ、功罪両面がある。みんなでポケモンGOを育てよう。

■ポケモンGO、日本で世界で大ヒット

連日、ポケモンGOのニュースが報道されています。子どもから大人まで、もうすでに夢中になっている人々がいます。楽しいだけではなく、良い運動になって体重が減ったとか、いつも以上に人と会話したとか、引きこもりや自閉症の改善に役立つという話も出ています(産経新聞 7月23日)。

人とのコミュニケーションが取りにくい子の改善方法として、その子も関心を持つ「物」を介在させる方法は、以前からありました。ポケモンGOは、問題改善の大きな可能性を持っているのでしょう。

その一方、様々なトラブルも報道され、日本でも政府が異例の注意喚起を行っています(内閣サイバーセキュリティセンターから「ポケモンテレーナーのみんなへのお願い」。

■テレビゲーム、スマホゲームはなぜ面白いのか・ポケモンGOの魅力

そもそもゲームはなぜ面白いのか。心理学的には、主に3つのことが考えられます。

1いつもチャレンジフルで、自分が成長できる

同じゲームでも、初心者は簡単な課題、上級者は難しい課題に取り組んでいます。いつも丁度良い難しさ、チャレンジフルな目標が目の前にやってきて、クリアするごとに自分が成長できます。

2失敗しても恥をかかない

私たちは失敗を恐れます。失敗して恥をかくことを恐れて、行動できないこともあります。失敗に懲りて、二度としないこともあるでしょう。でも、ゲームなら大丈夫です。

3ファンタジーがある

ゲームには、魅力的なストーリーがあります。かわいいキャラクターなども出てきます。ゲームが進むと、ラスボスをやっつけたり、お姫様が救えます。目の前の小さな目標とともに、この先の大きな目標があります。

だから、ゲームは面白いのです。さらに、オンラインゲームは、ユーザーがゲームをし続けてくれないと企業は儲かりませんから、プレイを継続させるためのあの手この手の工夫があるでしょう。

ポケモンGO

ゲームは、その進化とともに、マニアックにもなっていきました。そうなると、コアなユーザーにはよくても、初心者には敷居が高くなってしまいます。ところがポケモンGOは、子どもから高齢者まで、誰でも簡単に始められそうに思えます。囲碁やピアノよりも、ずっと簡単に始められるでしょう。そして、簡単にはクリアできない奥深さがあります。

実際に街中を移動しながらポケモンを探しゲットするのは、まさに自分がポケモントレーナーになった気分が味わえます。外出して歩かなければならないポケモンGOは、ゲームばかりして外に出ないという批判に応えたとも言えるでしょう。

■テレビゲーム、スマホゲームの危険性・ポケモンGOの危険性

ポケモンGOに夢中で、歩きスマホをして、事故にあってしまった話が、次々とニュースになっています。もちろん、安全第一です。

ゲームは、しばしば悪者扱いされますが、ゲーム自体が悪い影響を与えるものではないでしょう。良いゲームもたくさんあります。優れたゲームは、楽しくて魅力的で、そして手軽です。

しかし実は、これが曲者です。野球や水泳よりも、ゲームはずっと気軽に始められ、そして長く続けることができます。仲間を集めることも、場所を確保することも、着替える必要もありません。一日中続けることもできます。

野球も水泳も、もちろん悪い事ではありませんが、毎日毎日一日中それしかしなかったらどうでしょう。体を壊します。チョコレートはもちろん悪いものではありませんが、肉も魚も野菜も食べず、3食チョコレートばかりでは体調を崩すでしょう。

ゲームも同じです。それ自体が悪くなくても、ゲームばかりに時間を使っては、心や体のバランスが崩れてしまうのです。ゲームは、気軽に楽しさが味わえるだけに、うっかりすれば麻薬的になってしまうこともあるのです。

■ポケモンGOで救われる人、地獄に落ちる人

ポケモンGOで、楽しく遊ぶ人もいます。楽しく健康的な遊びは、心と体を整えます。ポケモンGOで達成感を味わう人がいます。友情を育む人もいます。運動になる人もいます。体や心の病の改善になる人もいるでしょう。

ポケモンGOで救われる人もいるでしょう。

一方、大きな事故にあった人もいます。また、これからの問題ですが、のめり込みすぎる人々が出ることも心配されます。アメリカからのニュスでは、ずいぶん遅い時間にポケモンを探す子どもが外を歩いている様子も報道されています。

学校や仕事よりも、ポケモンゲットを重視してしまう人も現れるでしょう。そうなってしまえば、人生台無しです。

これまでの例でも、ゲーム依存、ネット依存になってしまい、地獄を味わった子どもや家族たちがいます。

ゲーム、ネットの世界は、便利で楽しいものですが、あくまでもリアルな現実世界のためにあるものです。それは、釣りもゴルフも同じでしょう。

■みんなでポケモンGOを育てよう

ポケモンGOは、魅力的なだけに功罪両面があるでしょう。安全を守りつつ、有効な活用法を考えていく必要があります。

ゲームも、例えばお酒も、魅力的ですが、危険もあります。使用中の事故もあります。依存にもなります。その危険性を自覚した上で、楽しみ、有効活用することが必要です。

依存を治すためには、単にやめさせるだけでなく、ゲームをしない、酒を飲まない時間も、楽しく、やりがいが持てる活動が必要です。ゲーム文化を健全に育てるためには、ゲーム以外の活動の充実も必要なのです。

すでに、あっという間に世界に普及し人気を集めているポケモンGO。これはもうは、一民間企業のゲームであることを超えてしまっています。だからこそ、ポケモンGOを社会全体で育てていく必要があるでしょう。

 

 

《上野樹里》結婚後初の公の場に・・・祝福に笑顔で会釈会見!



 女優の上野樹里さんが21日、東京都内で行われた映画「青空エール」(三木孝浩監督)の完成披露舞台あいさつに登場した。ロックバンド「トライセラトップス」の和田唱さんとの結婚後、初の公の場となる上野さんは、退出時に報道陣から「ご結婚おめでとうございます」と声をかけられると、にっこり。会釈して場を後にした。

【写真特集】土屋太鳳、上野樹里ら豪華キャストがずらり

 これまで「のだめカンタービレ」シリーズや、映画「スウィングガールズ」でピアニストやテナーサックス奏者を演じた上野さんは、今作では吹奏楽部の顧問教師・杉村容子を演じており、舞台あいさつでは「年齢的に30になり、先生を演じるようになりました」とコメント。「ぜんぜん今までの経験とは違いますね」と明かし、「自分自身との闘いという感じでしたね」と苦労を語った。

 舞台あいさつには上野さん、主演の土屋太鳳さん、竹内涼真さん、葉山奨之さん、堀井新太さん、小島藤子さん、松井愛莉さん、平祐奈さん、山田裕貴さん、志田未来さん、三木監督が出席。ブラスバンドも登場し、甲子園を模した壇上で、劇中で演奏された楽曲を生披露した。

 「青空エール」は、河原和音さんが「別冊マーガレット」(集英社)で2008年から15年10月まで連載し、累計発行部数が340万部を突破している人気マンガが原作。土屋さん演じる甲子園で野球部を応援するブラスバンドに憧れていた主人公の小野つばさは、野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学。竹内さん演じる野球部の山田大介と励まし合いながら、共に甲子園を目指す……というストーリー。8月20日公開。


スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク