≪悪女役が評判の菜々緒≫ 「嫌われタレント」から超売れっ子に・・・




モデルで女優の菜々緒(27)が27日、都内で行われた「P&G パンテーン2016年秋 新CM発表会」に出席した。

同商品の新アンバサダーに就任した菜々緒は、白いショートパンツ姿で登場。美髪をなびかせてウオーキングし、美脚を惜しげもなく見せつけた。


最近、悪女役が評判とあって「髪と悪女は『私の名刺だな』と思っています」。

28日から放送される新CMを見て「自分の髪を生かせる仕事ができるのはうれしい。

黒髪の美しさもアピールして、私らしく強く生きていきたい」と力強かった。


今回のCMをはじめ、「ファブリーズ」「au」「ブランディア」「オープンハウス」など多数のCMに出演。

女優としても引く手あまたで、フジテレビ系7月期の月9ドラマ「好きな人がいること」では、高月楓役を好演した。

WOWOWで放送中のドラマ「ふたがしら2」では初の時代劇に挑戦中。

12月には映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の公開も控える。


「来年1月スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に徳川家康の正室役として“大河デビュー”します。

14年放送のフジテレビ系ドラマ『ファースト・クラス』での演技が支持され、今や“悪女役”といえば菜々緒。

20代の若手で悪女を演じられる女優はおらず、完全に独占状態。

しかも、ファッション誌の専属モデルを務める“9頭身美女”で、お色気までこなせる貴重な存在です」(テレビ局関係者)

さらに、悪女のイメージを逆手に取って、好感度を上げているという。

「アンチも多いですが、かなり気が強い菜々緒はSNSなどでたびたび反撃している。

以前、ツイッターに寄せられた暴言ツイートに『ええ加減その性格改めろや』と叱責する姿が称賛を浴びた。

かつて『嫌われタレント』の筆頭だったが、こびないストレートな言動を続けることで、特に同性から憧れの対象になっている」(同)


菜々緒の快進撃は今後も続きそうだ。



【市川海老蔵】主演の時代劇、「石川五右衛門」がスタートする。




歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が27日、都内で行われた自身が主演するテレビ東京系の時代劇「石川五右衛門」(10月14日スタート、金曜、後8時)の取材会に出席した。

出来栄え、面白さに自信があるようで、妻で闘病中の小林麻央も第1話を見て「ゲラゲラ笑って」楽しんでいたと語った。


海老蔵にとって連続ドラマの主演はNHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」以来13年ぶりとなる。

物語は豊臣秀吉(國村隼)が天下を取っていた時代、庶民のために悪事を働く大名や商人から財宝を盗み、分け与える大泥棒・石川五右衛門(海老蔵)の活躍を描く。

取材会には國村、茶々役の比嘉愛未も出席した。


主演として「1話を拝見させていただいて、今までにない時代劇だなと率直に思いました」とあいさつ。

昨年の12月から今年の夏前まで「とびとびで」撮られたため、仕上がりについて「私もちょっと不安でした」と本音を漏らした。


しかし、1話を見て「時代劇なのに笑っちゃう。言葉は悪いですけど、こんなにばかばかしい時代劇はないなということで。

1話で2時間ぐらいあるんですよね。

妻の麻央もずっとそれを見てゲラゲラ笑っておりました」と、内容に手応えをつかんでいる様子だった。


定番の時代劇にはないような映像編集、ストーリー展開をしているという。

どんなシーンで笑っていたのか、と尋ねられると、取材会の冒頭でスタッフが報道陣に求めた「プライベートな質問はやめてください」の言葉を借りて笑いを誘った後、従来の王道的な作品と比較して、「いくらなんでもこんな風にならないだろうみたいな結末とか、そんなに上から降ってくるの?みたいな。

どん引きするぐらいのがある。それが面白いんですよね」とアピール。「そういう部分で妻が笑っていたんではないでしょうか。

ゲラゲラする部分が、内容でゲラゲラではなくて、映像で『えー?』というやつですね」と妻の反応を思い返していた。


視聴率について「ちなみに視聴率は3%ぐらいを目標に頑張っていきたいと思います」と控え目に語って笑いを誘ったが、國村は「倍の6%ぐらい、いきたいですけども」と切り返していた。



≪患者中毒死事件≫17日以降に点滴に混入か?無施錠で保管されていたようだ




横浜市神奈川区の大口病院で入院患者の八巻信雄さん(88)が点滴に異物を混入され殺害された事件で、八巻さんに投与された点滴は使用の2日前の17日午前から4階のナースステーションに保管されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

点滴は他の患者に使用するものと一緒に無施錠の状態で保管されていた。神奈川県警は、17日以降にナースステーションで異物が混入された可能性があるとみて調べている。


捜査関係者によると、同病院は通常、1日の使用分の点滴をナースステーションの机の上や洗面台の横で保管している。

病院の薬剤部が、患者の氏名や使用予定の日時などを書いたラベルを貼り、午前中に翌日朝までの使用分が薬剤部からナースステーションに運ばれる。


だが、19日午後10時ごろから八巻さんに投与された点滴は、17~19日が連休だったことから3日分がまとめて用意され、17日午前に4階ナースステーションに運び込まれた。

17日夜以降、4階は日勤と当直の看護師2人ずつが交代で勤務していたという。


八巻さんは20日午前4時ごろ、心拍数が低下してアラームが作動し、4時55分ごろ死亡が確認された。

死因は中毒死で、体内や点滴の袋から、洗剤などに含まれる界面活性剤の成分が検出された。県警は、界面活性剤の成分が死亡の原因になったとみている。


点滴の袋には目立った破れなどはなく、捜査関係者によると、何者かが注射器などを使い、点滴袋のゴム栓から異物を混入させた可能性があるという。


ナースステーションには鍵がなく、注射器や、界面活性剤を含む製品も置かれていた。

また、八巻さんが死亡した4階では、18日にも入院患者の男性2人が死亡。

いずれも17日午前にナースステーションに運ばれた点滴を投与されたとみられ、県警は袋に残留した内容物の鑑定を進めている。



スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク