【小池都知事の政治塾が開講】 エド・はるみの姿も・・仮面女子の桜雪は熱心に受講!?




小池百合子東京都知事(64)が立ち上げた政治塾「希望の塾」の開講式が30日、都内で開かれた。

koikekibounojyuku.jpg

1期生として参加した約2900人の中には、アイドルユニット・仮面女子の桜雪(23)や、タレントのエド・はるみ(52)の姿もあった。

桜は今春、東大文学部を卒業。自ら「地下アイドル最強の頭脳」と公言しており、大学卒業で喪失した“学びの場”を求めて小池門下生となった。

受講後に会見し、小池氏の印象を「思ったよりユーモアがあって、はつらつとしてらっしゃいました」と説明。

将来はニュースキャスターやコメンテーターになりたいといい、「そのステップになれば」と入塾の意図を口にした。

政治家への転身については「出馬するつもりはありません。小池さんに誘われても、揺らぎません」ときっぱり。

当面はアイドルとして、自身のファン層に対して政治の意義を訴えたいという意向で、「アイドルファンの皆さんは、投票をすごくするという習性がある。

なのに(選挙の)投票率が低いので、そこを変えていければ」と熱っぽく語った。

今春から慶大の大学院で学んでいるエドはこの日、受講後に自身のブログを更新。

「応募の動機は『“社会のしくみ”を肌身に感じつつ、勉強したい!』と思ったからです」とし、「小池都知事のお話はさすがに大変分かりやすく、珠玉のお言葉がいくつも散りばめられておられました」とつづった。

小池氏は開講式で「批評家ではなく、実際にプレーヤーとなって参加してもらえる方向を目指したい」と強調。

式後には「投票するとか、政治活動を支えるとか、いろんなことがある。行動を起こしましょう」と述べた。

今後は、来年3月にかけて月1回のペースで講義や意見交換を実施する。受講料は男性5万円、女性4万円、学生は3万円。



≪女子バレーボール 木村沙織≫ 最後のVリーグに懸ける思い・・・リオ五輪での引退を翻意させたものとは・・・




リオデジャネイロ五輪の閉幕から2カ月。多くの競技が2020年の東京五輪へ向けたスタートを切るなか、バレーボール界も10月25日に中垣内祐一氏、中田久美氏を男女の日本代表新監督として発表した。

すでに10月22日にはVプレミアリーグ男子大会が開幕を迎え、10月29日にはVプレミアリーグ女子大会が東京体育館で開幕。いよいよ本格的なバレーボールシーズンが幕を開ける。

kimurasaori.jpg


連覇を狙う久光製薬スプリングスは、中田監督が総監督に就任し、これまでは男子チームで指揮をとってきた酒井新悟氏が新監督の座に就いた。
また、東京五輪での活躍に期待がかかるエースの古賀紗理那を擁し、9月のアジアクラブ選手権で優勝したNECレッドロケッツ、昨季準優勝で今季こそ頂点を狙う日立リヴァーレ、07/08シーズンから09/10シーズンにわたって3連覇を達成したチームを率いた菅野幸一郎監督が再び指揮をとる東レアローズ、リオ五輪にも出場した司令塔の宮下遥がゲームメイクする岡山シーガルズなど、それぞれのチームにさまざまな背景があり、見どころを挙げればキリはない。

そんななかでも特に注目を集めるのが、リオ五輪では日本代表のキャプテンを務めた木村沙織(東レアローズ)だ。

8月に30歳になった木村はリオ五輪を迎えるにあたり、この大会を自身の集大成と位置づけ、大会後の動向も明らかにせず、一時は「リオが木村の現役生活最後の試合になるのではないか」という声が多数を占めていた。

実際に木村自身も「これで終わり、という気持ちもあった」と振り返ったように、日本で再び木村の雄姿が見られることはもうないのではないか、と思われていた。

風向きが変わったのは、リーグ開幕を直前に控えた9月中旬。リオ五輪を終え、日本に帰国した際は「もうやり切った」という気持ちも強くあったが、1日、また1日と時間を過ごすごとに「本当にそれでいいのか」と迷いも生まれた。

菅野新監督が就任し、また新たな雰囲気、環境のなかでバレーボールに取り組む東レアローズの若い選手たちの姿を見たら、心底「楽しそうだな」と思ったという。

さらに同時期に、やはり今シーズンプレーするか否か、決断を委ねられていたチームメイトの迫田さおりも、木村と同様に迷いを感じていることを知った。

そして迫田の「続けるならば沙織さんと一緒にやりたい」という思いを知った。

もう一度東レのユニフォームを着るのか。それとも、もうこのままユニフォームは着ずにバレーボールを辞めるのか。

迷いに迷った末、木村が下した決断は「もう一度、日本でプレーしよう」だった。

リオ五輪では、移動費やホテル代も高騰し、治安の悪さも報じられたこともあり、「何かあったら心配だから」と、現地応援を望んだ家族や友人には「日本から応援してほしい」と伝えていた。

木村自身が決めたことではあったが、五輪が終わってみると「最後の試合はやはり今まで支えてくれた人たちに見てほしい」という思いも強く残った。

体も鍛え直さなければならないし、長いリーグを戦うための準備を万全に行うための時間が十分でないこともわかっている。

それでも「見てくれる人たちに感謝を伝えるシーズンにしたい」という思い、そして何より「自分自身もバレーボールを楽しみたい」という気持ちが勝った。

10月10日、自身が更新したブログにはこう綴られていた。

「24番から始まった私のバレーボール人生は、最後、2番で締めくくります」

30歳で迎える2016/17シーズンは「やる、と決めたからには何でもやる」とこれまで以上に強い覚悟と、感謝の心を持って臨む特別なシーズンになるはずだ。

リオから東京へ。新たなスタートの時を迎える今シーズン。木村の雄姿はもちろん、来たる2020年の東京五輪で主役になるであろう選手たちや、Vプレミアリーグという特別な場所でそれぞれが掲げる課題にチャレンジする選手たち、チームの姿を見届けてほしい。

バレーボールって面白い。

そんな試合が1つでも多く繰り広げられることを、心から願って。


≪タレント JOY≫ 「死ぬ直前」で肺結核だったと発覚・・・ラジオで報告 “チャラさ”消え周囲から同情も・・・




タレントのJOY(31)が26日、文化放送「くにまるジャパン」(月~金曜前9・00)に出演。2011年に患った肺結核による闘病生活と、退院後の苦労について告白した。

高校時代にファッション雑誌のモデルとして芸能活動を開始。

テレビのバラエティー番組の出演をきっかけにブレークしたが、2011年に肺結核と診断され入院生活を余儀なくされた。


風邪などを疑われ、結核だと診断されるまでに約9カ月を要したといい、薬が強く副作用で40度の熱が続きました。

もっと早く見つかっていれば良かったのですが、僕は死ぬ直前くらいの状況で見つかったので、すごく辛かったです。

3カ月入院したが退院後も不調は続き、完治するまでまでさらに9カ月。「薬は飲み続けるので熱は出続けました

でも退院してるので仕事は入るんです。働ける状況ではないんですが、働かなくてはならなくて」と体調不良の中、復帰した。

それでも、入院前のチャラチャラしたイメージは影を潜め、周囲も同情。コメントもウケない。仕事もうまくいかなくなっちゃって。正直大変でしたねと当時の苦悩を吐露した。


また、入院中に東日本大震災が起こったことで、より一層自分の心を打ちつけてきました。

自身の病気、東北を襲った悲しい出来事などの経験が自身を支えているといい、現在は「ストップ結核パートナーシップ」の日本大使を務めている。



スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク