≪患者中毒死事件≫17日以降に点滴に混入か?無施錠で保管されていたようだ




横浜市神奈川区の大口病院で入院患者の八巻信雄さん(88)が点滴に異物を混入され殺害された事件で、八巻さんに投与された点滴は使用の2日前の17日午前から4階のナースステーションに保管されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

点滴は他の患者に使用するものと一緒に無施錠の状態で保管されていた。神奈川県警は、17日以降にナースステーションで異物が混入された可能性があるとみて調べている。


捜査関係者によると、同病院は通常、1日の使用分の点滴をナースステーションの机の上や洗面台の横で保管している。

病院の薬剤部が、患者の氏名や使用予定の日時などを書いたラベルを貼り、午前中に翌日朝までの使用分が薬剤部からナースステーションに運ばれる。


だが、19日午後10時ごろから八巻さんに投与された点滴は、17~19日が連休だったことから3日分がまとめて用意され、17日午前に4階ナースステーションに運び込まれた。

17日夜以降、4階は日勤と当直の看護師2人ずつが交代で勤務していたという。


八巻さんは20日午前4時ごろ、心拍数が低下してアラームが作動し、4時55分ごろ死亡が確認された。

死因は中毒死で、体内や点滴の袋から、洗剤などに含まれる界面活性剤の成分が検出された。県警は、界面活性剤の成分が死亡の原因になったとみている。


点滴の袋には目立った破れなどはなく、捜査関係者によると、何者かが注射器などを使い、点滴袋のゴム栓から異物を混入させた可能性があるという。


ナースステーションには鍵がなく、注射器や、界面活性剤を含む製品も置かれていた。

また、八巻さんが死亡した4階では、18日にも入院患者の男性2人が死亡。

いずれも17日午前にナースステーションに運ばれた点滴を投与されたとみられ、県警は袋に残留した内容物の鑑定を進めている。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク