スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂歌丸「笑点の司会引退」で注目高まる“本業”と後任司会者


人気番組「笑点」(日本テレビ系)の司会引退を明らかにした落語家桂歌丸(79)であるが、これを機に本業での注目度がさらに高まりそうだ。

1966年5月の放送第1回から同番組に出演し、2006年5月に故五代目三遊亭円楽さんの後を受け、5代目司会者になった歌丸。昨夏に体調不良で休養するなどかねて健康不安がささやかれてきたが、4月30日に行われた番組収録と記者会見で勇退を発表。22日の生放送出演が最後となり、その後は“終身名誉司会”に就任する。

「体力の限界なんです。若い方々にお譲りして、番組を60年、70年と続けていただきたい」と引退の弁を口にした歌丸。
今月末以降は日曜夕方のテレビでその姿を見られなくなるが、落語については「続けます。
まだまだ覚えたい噺(はなし)もある」と意欲を示した。

ネット上には「落語する体力がなくなってしまう前に、1度絶対に見に行きたい」と歌丸師匠の高座を楽しみにする反応も寄せられている。

5、6月は笑点仲間の林家木久扇(78)や六代目三遊亭円楽(66)との「二人会」、芸歴65周年記念落語会などが予定されており、今回の司会引退発表の影響で観客が増える可能性も出てきた。

円楽らが行っている人間国宝への推薦運動への関心も高まりそうだ。


一方で注目されるのは後任司会者。互いに歯に衣着せない名コンビの相方・円楽のほか、「サプライズでビートたけしも!?」との報道も一部でなされているが、昨年、円楽の内部昇格を望む出演者側と萩本欽一(74)やタモリ(70)ら外部招聘を模索した日テレ側との“暗闘”の末、円楽が有力と報じている。

そして新メンバーには立川志の輔(62)の名が挙がっているそうである。

5月22日がラスト出演となりそうで、歌丸の司会が見られるのは3回。好視聴率も見込まれている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。