≪タレント JOY≫ 「死ぬ直前」で肺結核だったと発覚・・・ラジオで報告 “チャラさ”消え周囲から同情も・・・




タレントのJOY(31)が26日、文化放送「くにまるジャパン」(月~金曜前9・00)に出演。2011年に患った肺結核による闘病生活と、退院後の苦労について告白した。

高校時代にファッション雑誌のモデルとして芸能活動を開始。

テレビのバラエティー番組の出演をきっかけにブレークしたが、2011年に肺結核と診断され入院生活を余儀なくされた。


風邪などを疑われ、結核だと診断されるまでに約9カ月を要したといい、薬が強く副作用で40度の熱が続きました。

もっと早く見つかっていれば良かったのですが、僕は死ぬ直前くらいの状況で見つかったので、すごく辛かったです。

3カ月入院したが退院後も不調は続き、完治するまでまでさらに9カ月。「薬は飲み続けるので熱は出続けました

でも退院してるので仕事は入るんです。働ける状況ではないんですが、働かなくてはならなくて」と体調不良の中、復帰した。

それでも、入院前のチャラチャラしたイメージは影を潜め、周囲も同情。コメントもウケない。仕事もうまくいかなくなっちゃって。正直大変でしたねと当時の苦悩を吐露した。


また、入院中に東日本大震災が起こったことで、より一層自分の心を打ちつけてきました。

自身の病気、東北を襲った悲しい出来事などの経験が自身を支えているといい、現在は「ストップ結核パートナーシップ」の日本大使を務めている。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク