スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でも大反響となった【冬のソナタ】の今明かされる“秘話”とは?




NHKBSプレミアムで21日に放送された「アナザーストーリーズ・“冬のソナタ”が起こした奇跡 韓流ブームの発火点」は、韓国ドラマ「冬のソナタ」にまつわる秘話満載の見応えのあるドキュメンタリーだった。

「冬のソナタ」は2002年に韓国・KBSで放送された。日本では2003年にNHKBSで放送されて大反響を呼び、翌年には総合テレビでも放送。日本の韓流ブームに火をつけたドラマとして知られている。

主演俳優、ペ・ヨンジュン(44)が来日した際は「ヨン様」の姿を一目見ようと空港に数千人の女性ファンが駆けつけるといった空前の現象も起きた。当時、記者も「ヨン様」の取材に明け暮れたものだ。

huyusona.jpg

それから12年が過ぎ、改めてあのブームを振り返ってみる、というのが番組の趣旨だ。

同ドラマのユン・ソクホ監督(59)がインタビューに答え、当時の思い出を語っている。「冬ソナ」の原型が「ホワイト」というタイトルの脚本から始まったこと、無名の女性脚本家を登用した理由、そして「冬ソナ」に「純粋さ」「温かさ」「美しさ」の3つの思いを込めたことなどが次々と掘り起こされていく。

この3本柱が重なることで、あの有名なチュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)の“雪だるまキス”が誕生。番組内ではこの2人のファーストキスシーンのメイキング映像も紹介されていた。ドラマでは大変ロマンチックに描かれていたが、メイキングはかなり笑える。

興味深いのは視聴者から「冬ソナ」スタッフに寄せられた当時の手紙の数々。そこには「冬ソナ」の放送に対する感謝の言葉や、自身の人生を変えてくれた「冬ソナ」への熱い思いがつづられていた。このようなファンの手紙は当時の社会現象を証言する資料として大変貴重である。

さて、通常のドキュメンタリーならこのあたりで終了となるのだが、番組はこうした現象の背景にあった当時の韓国の経済状況にも踏み込んでいる。

経済危機から国家経済を立て直すため文化政策への転換を決断した金大中大統領(当時)の元側近らにインタビューし、大統領がアジアでの「冬ソナ」の成功をとても喜んでいた、という逸話も紹介されていた。

ドラマの制作秘話やファンのその後だけではなく、韓国の近代史までも盛り込んだ、実はなかなか骨太のドキュメンタリーだったのである。

見逃した方に朗報。27日午後11時45分(60分)から再放送されるのだ。往年の「冬ソナ」ファンだけではなく、K-POPに興味のある若い視聴者にもオススメだ。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。