【全仏テニス】錦織2-0からフルセット決着…ヒヤヒヤ2年連続16強


◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン第6日 ▽男子シングルス3回戦 錦織3-2ベルダスコ(27日、パリ・ローランギャロス)

 【パリ27日=小川由紀子】男子シングルス3回戦で世界ランク6位の第5シード錦織圭(26)=日清食品=は、同52位のフェルナンド・ベルダスコ(32)=スペイン=にフルセットの末、勝利。2年連続の16強入りを果たし、29日に予定される4回戦では世界12位で第9シードのリシャール・ガスケ(29)=フランス=と対戦する。同女子で世界ランク101位の大坂なおみ(18)=フリー=は同6位で第6シードのシモナ・ハレプ(24)=ルーマニア=に逆転負けした。


【全仏テニス】錦織2-0からフルセット決着…ヒヤヒヤ2年連続16強


 ライン沿いにストレートのフォアショットが決まると、錦織はようやくホッとした表情を浮かべた。コート上の最高気温が31度に上がった熱戦。総得点では150―154と負けていたが、3時間21分のフルセットの末につかんだ勝利に「粘り勝てて良かった」。スタンディングオベーションがやまないスタジアムにラケットをたたいて応えた。

 ベルダスコは今年の全豪でナダルを倒し、かつては世界7位の実力者。錦織も過去1勝2敗で「ラファ(ナダル)みたいなプレースタイルなので早い段階で自分のペースにしたい」と警戒していた。第1、第2セットはブレイク合戦を制して主導権を握ったが、相手のフォアショットが決まり出した第3セット以降はペースを握られた。第5セット第5ゲームで訪れた唯一のチャンスを鮮やかなバックハンドショットで決め、勢いを取り戻した。

 2年連続3度目の16強。次の相手は地元・フランスのガスケだ。過去6連敗と苦手にしていたが、今年のマドリード、ローマで連勝しており自信を持てる。「まずは疲れを取って(勝ったときの)感覚を忘れないようにして臨みたい」。苦しみ抜いた一戦を自信に変え、次なる難敵に挑む。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク