スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南から徐々に梅雨入りの便り・・・各デパートでは、梅雨に対応雨具売り商戦本格化。

 


 南の方から梅雨入りとなり、百貨店や総合スーパーなど流通各社の梅雨商戦が本格化してきた。雨傘や長靴などで独自の新商品を展開したり、雨の日限定の来客サービスを導入し、差異化を図ったりするのが特徴だ。雨による客足減をさまざまな施策で食い止めようとしている。

着せ替え傘や雨の日値引き 百貨店など梅雨商戦本格化

 イオンリテールは2日から、“着せ替え”が可能な新しいビニール傘「ふるり」(950~1598円)を、全国のイオンなど約390店(北海道を除く)で販売を始めた。

 ビニール生地の貼り替えが簡単にでき、自分の好みにアレンジできるのが特徴。花柄や水玉模様など46通りの組み合わせが楽しめる。同社衣料商品企画本部の山下義則グループマネージャーは「使い捨てではなく、長く楽しく使ってほしい」と話す。

 東武百貨店池袋本店(東京都豊島区)は、9日から「雨の日サービス」を過去最大となる約40の売り場で実施する。関東地方が梅雨明けするまでの期間中、雨の日に一定額以上を購入した場合、次回の買い物で使えるサービス券などがもらえる。

 また松坂屋上野店(東京都台東区)は、東京地方の翌日午前6時~正午の降水確率に応じ、対象商品を3~10%値引きする「降水確率連動セール」を初めて実施した。9日まで。

 「雨の日は平均すると5%程度客足が落ちる」(大手百貨店)といい、各社ともあの手この手で少しでも落ち込みを減らしたい考えだ。

 

 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。