北海道「置き去り」男児 なぜ自衛隊捜索が「5日目」になったのか



 北海道七飯(ななえ)町の山林で小学2年生の男児(7)が置き去りにされた後、行方不明になってから5日目の朝、陸上自衛隊が捜索に加わった。

 子供1人の捜索に大人数の自衛隊が派遣されるのは珍しいともいえるが、このタイミングでの自衛隊投入となったのは、なぜなのか。

北海道「置き去り」男児 なぜ自衛隊捜索が「5日目」になったのか


■町役場「人命を第一に考え、判断」

 男児が行方不明になったのは2016年5月28日夕のこと。父親が警察に通報し、同日夜から捜索が始まった。翌29日には警察と消防が約150人態勢で捜索を行い、30日、31日にはさらに範囲を広げたが、手がかりは得られなかった。

 6月1日朝からは、警察と消防に自衛隊70人以上が加わり、約200人態勢での捜索となった。

 派遣を要請したのは、地元・七飯町だ。

  「人命を第一に考えると、一番の方法だと判断した」

 そう話すのは七飯町役場の担当者。

 同役場では行方不明が明らかになってから、北海道庁とやりとりし、子供1人の捜索に自衛隊の派遣要請が可能かを確認したり、函館市で29日に山菜取りをしていて行方不明になった人の捜索に「災害派遣」をした事例の聞き取りを行ったりしていたという。その上で5月31日、正式に道知事を通じて自衛隊の派遣を要請した。

 町が行方不明になってからすぐに要請しなかったのは、大和くんの両親の説明が変化したことが関係しているようだ。

 両親は当初、山菜採りの最中にはぐれたと説明していたが、29日になって「しつけのために山に置き去りにした」と打ち明けた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク