【谷亮子】(やわらちゃん) 都知事選出馬するのか?「舛添要一氏の後釜」検討?

 


 ヤワラちゃんが東京の顔になる――。生活の党副代表の谷亮子参院議員(40)は9日、同党から7月の参院選に立候補しない意向を小沢一郎共同代表(74)に伝えたことが明らかになった。五輪2大会連続金メダルを引っさげ、さっそうと政界入りしたものの、最近は存在感を示すことができずにいた谷氏。このまま引退するのか、あるいは衆院選も含めて国会議員継続の道を模索するのか。情報が錯綜する中、谷陣営が水面下でもくろむ、まさかの“第3の選択”が明らかになった。それはズバリ、もはや“死に体”となっている舛添要一東京都知事(67)の後釜だ。

 

谷亮子氏 都知事選出馬か…陣営がもくろむ「舛添要一氏の後釜」


 谷氏が9日、参院選(7月10日投開票)を辞退した最大の理由は、共産党を除く野党による「統一名簿」構想の実現が困難になったことだという。「野党共闘としてのまとまりができなかった」と語り、同党の比例代表で出馬しても当選する可能性が低いと判断したもようだ。

 谷氏の後援会関係者が絶対匿名を条件に裏事情をこう明かした。

「実は、数か月前から他党からの参院選出馬を検討していたんです。ところが、小沢さんに相談しても『ちょっと待ってくれ』を繰り返すばかり。今月3日の時点でも慰留され、結局9日にずれ込んでしまいました。せめて5月の段階で(生活の党からの)不出馬を発表していれば、もっと違った展開になっていたのですが…」

 谷氏は「他党からの立候補の話があれば、柔軟な姿勢で対応したい」と与野党問わず“選択肢”になるとの認識を示している。民進党の岡田克也代表(62)も9日の会見で「我々の参院選公約を受け入れるという前提で、民進党の比例名簿で他党の方が出ることには門戸を開けている」と語っており、事態は流動的だ。

 だが、国政選挙出馬の可能性は現段階で低いと言わざるを得ない。前出の関係者が続ける。

「もともと谷の政治信条は自民党に近いんですよ。だからこそ、自民党出身の小沢さんの党から出馬を決めたし、谷と同じ福岡出身の麻生(太郎)財務相とも超党派のスポーツ議連で一緒に活動ができた。でも、実際出馬するとなると、他の自民党議員からの反発は大きいでしょう。かといって(かつて所属した)民進党も厳しいでしょう」

 実際、他党から出馬の打診はないという(9日現在)。ではどうするのか。ここで浮上してくるのが、第3の選択だ。

「東京都知事です。進退が取りざたされる舛添さんがもし辞任に傾けば、当然選択肢に入ってくる。というより、我々は一番適任だと見ています。金メダリストの谷なら東京五輪の顔としてピッタリ。世界的にも顔を知られていますしね」

 実は、谷氏が都知事選を検討したのは今回が初めてではない。2014年の前回選挙のときも出馬をうかがったことがあるのだが「当時、小沢さんが許してはくれなかった。谷が抜けると、(生活が)政党要件を満たさなくなるからです」と同関係者。

 ひるがえって、政治資金の公私混同疑惑が次々に明るみに出た舛添氏は、都議会から“集中砲火”を浴びている真っ最中。この日、都議会の総務委員会の理事会は、13日と20日に集中審議を行うことを決定した。舛添氏はなおも辞任を拒んでいるものの、集中審議の展開や強烈な世論からの辞任圧力の前に、どこまで持ちこたえられるかはわからない。

 永田町関係者は「当初自民党は、自分たちが推薦したこともあり、舛添都知事を擁護する方向でしたが、もう完全に見限っています。確かに今辞められると、4年後の東京五輪の開催直前で選挙をやらなければならないリスクはある。でも、そうも言っていられなくなりました。条例を改正して任期を変更するなどして、今の混乱の幕引きを図るほうが得策でしょうね」と語る。

 もしも、谷氏が東京都知事選挙に出馬すれば、その抜群の知名度で台風の目になることは間違いない。金メダリストの東京都知事が誕生するのか。まずは22日の参院選公示が当面のポイントとなる。

 

 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

tattyannel001

Author:tattyannel001
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
ブログ村ランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク